期待の新作FPS『VALORANT(ヴァロラント)』のキャラクターが格好良い!家庭用でも出してくれ!

© Riot Games, Inc. All Rights Reserved. VALORANT

「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」で有名なライアットゲームズが開発していることで話題になっている新作FPS『VALORANT(ヴァロラント)』ですが、対応プラットフォームは今の所PCのみとなっています。
開発者へのインタビューでモバイル版の予定はあるものの、家庭用はまだ協議中のようです。

『LoL』のライアットによる新作FPS『VALORANT』(ヴァロラント)が正式発表! 『カウンターストライク』系のタクティカルFPSとヒーローシューターの要素が融合 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com

――モバイルや家庭用ゲーム機版はどうでしょう?

アンナ ずっとPCで開発してきましたので、まずはPCでのリリースになります。一方でモバイルでのプロトタイプも作業を進めていて、まだフルに開発しているわけではないのですが、これは本作にとっていい機会拡大になるのではないかと見ています。

家庭用ゲーム機版についても、もちろん話し合っています。PC版と同等の正確な射撃要素を家庭用ゲーム機で再現するのは難しい課題なので、そこをどうやっていくかですね。これはエキサイティングなチャレンジです。うまくできれば家庭用ゲーム機にも移植を踏み切るでしょう。ですが、もしゲーム体験をガラッと変えなければいけないようなことになるとしたら、恐らくやらないことになると思います。

家庭用版は出たとしてもだいぶ後になりそうで残念です。
PVや海外の配信者の動画をみる限り、CSのように非常にスピーディーな競技性の高いゲームであることがわかります。
CSGOのようなゲームスピードが早すぎるスポーツゲームにおじさんゲーマーがついていけるわけありません。

「CS:GO(カウンターストライク:グローバルオフェンシブ)」とは、選ばれた一部のプレイヤーしか楽しむことが許されない超ハイレベルFPSのことです。
とてもシビアなゲーム設計となっており、プレイヤーも成熟しているためプロレベルの反射神経がなければまともにゲームを楽しむことはできません。
若くて飲み込みの早い元気なキッズたちならまだしも、ただのおっさんが呑気にプレイしていいゲームではありませんでした。

しかし、それでも、このゲームはキャラクターがとっても格好良くて魅力的です。
全体的にCSGOですが、キャラクターや雰囲気はオーバーウォッチ風味で向いていないと分かっていても惹かれてしまいます。
人気のあるリアル寄りグラフィックのシューターに比べて、グラがトゥーン調でアニメ寄りなのも良いところ。

エアプなので実際のところはどんなゲームなのかはわからんのですけどね。
テストプレイを体験したユーザーの話では、意外にも展開が遅くて退屈という意見もあるようです。

これまで各キャラクターのスキル等を駆使した動画が公開されていますが、見事に魅力的なキャラクターばかりです。
さすがは未だに覇権として君臨するLoLで数々のチャンピオンを送り出してきたライアットさんですね。

キャラデザの良さだけでプレイするには危険だとは分かっていますが、もし家庭用で出ることがあれば、キャラデザに釣られた私のような新規プレイヤーもたくさんやってくると思います。
是非とも開発の方々には協議を続けて次世代機にでも出していただきたいです!
次世代機が十分に普及するくらいまでは待っていますよ!!!

 

© Riot Games, Inc. All Rights Reserved.

コメント