【ストグラ】ゆきんこが可愛すぎてヤバい

© 2014 Rockstar Games, Inc. ストリーマー

最近のストグラが面白すぎる。
「VCR GTA2」終了とともにオールインに活気が戻り、新メンバーの4期生も加入してすっかり大御所になりました。

4期生は3人共末っ子属性で愛くるしいのですが、中でも『冬野雪(ゆきんこ)』ちゃんがあまりにも可愛すぎて壊れる。もう次こそ本当に何も手につかん。
今日はゆきんこちゃんが尊すぎて辛抱堪らんので、もっと大勢の人にゆきんこの素晴らしさを知ってもらうために紹介がてらこれまでのストーリーを語りたい。

ストグラとは、配信者がロールプレイ(役割に則った行動をしたり、作成したキャラクターへのなりきり)をしながらGTAオンラインの世界でコミュニケーションを楽しむ個人サーバーのことです。
参加者がRPに配慮した「大人のごっこ遊び」の場であり、配信者RPならではのドラマをリアルタイムで観測することができます。
詳細に関してはwikiをご覧ください。

ストグラ まとめ @ウィキ | STGR wiki

アンブレラであればくまちゃんアイリスであればボッチちゃん警察であればさぶろうオールインであればゆきんこ
ありあまる魅力で観測者だけでなくオールインメンバーにも大切にされて過保護な程に溺愛されるゆきんこちゃん。
そんな彼女と、ギャング内での彼女の指導役である安城さんの織りなすドラマ、通称「あな雪」にもハマってしまいました。

ゆきんこは10月末にロスサントスを訪れ、白市民として過ごすなか、とあるツイートがきっかけで安城さんと出会い、様々な活動を経てオールインへと加入した4番隊4期生メンバーのひとり。
ずんだもんを思わせる「~なのだ」が口癖の可愛らしい声質とは裏腹にキレのある言語センスをもつゆきんこと、変装やなりきりが得意でいつも愉快なことばかりしているムードメーカー安城さんの掛け合いは出会った当初からすでに面白くて相性抜群。

ふたりともロールプレイをより大事にしているのも共通点でした。
普段からロスサントスで生きているキャラクターを意識して考え行動しており、特にゆきんこは魂で仲の良い人達が大勢参加しているにも関わらず、出来るだけ魂を表に出さずにRPで関係性を1から築くように頑張っていました。
仲の良い知り合いがいたら、ついRPを外して身内ノリで軽く馴れ合いたくなるというものです。
世界観に慣れてくればRPが確立されていくので魂は透けにくくなるのですが、初めからしっかりRPに徹するのはRPやストグラに対する魂のプロ根性が伝わります。

当初、ダークヒーロー「キックアス」に変装してゆきんこと関わりはじめた安城さん。
特殊詐欺P活やヒーロー活動で交流を深めるうちに観測者と同じようにゆきんこに惹かれ、ついにはボスに直談判してクビ覚悟でオールインにスカウトします。
ボスに急かされながらも、丁寧なやりとりを続けてしっかりとしたストーリーをつくりあげた上でゆきんこを招いた安城さんには脱帽です。
甘え上手な彼女はオールインメンバーにもすぐに馴染み、これから先オールインでのドラマや活躍に期待が膨らむばかりでした。

 

しかし、そんなゆきんこにはとある秘密があったのです。
それは、ゆきんこの魂が2024年1月末で引退するというもの。
リスナーやロスサントスの住民はもちろん、大勢の知り合い配信者も知らない出来事で大々的なニュースになりました。

発表当日、2023年12月12日。
その日彼女はロスサントスに起きてはきませんでしたが、毎日雪が積もっていたロスサントスから突然雪が消えていました。
そして、次の日12月13日、その日ゆきんこが起きてくると再びロスサントスに雪がふりだしたのです。
※この日以降、毎日ではなく不定期に雪が降るようになります。

これはMODの元々の仕様、または雪で車が滑りすぎる問題に対処するためだとは思うのですが、偶然とはいえドラマを感じさせる展開に感動したものです。
ついでにログイン時のロード画面に表示されるファンアートはゆきんこ一色でした。しょぼすけさん運営さん本当にありがとう。

その後12月15日、ゆきんこは安城さんへ、命に関わる病気のため、来年1月末に一時的に日本に戻ることを伝えました。
このまま何も伝えず2月以降に起きてこなくなったり、ロスサントスからどこかへ旅立ち二度と戻らないというエンディングも選べたはずですが、ゆきんこはしっかりと「病気のため日本に戻るのでその間ロスサントスに来れなくなる」というストーリーを選択して安城さん(と白井さん)にだけ事前に伝えてくれました。

RPを大事にしていたゆきんこらしい選択ですし、安城さんや白井さんへの信頼も伝わる実にドラマらしい展開に私はすっかり虜になりました。
その時の安城さんとのドラマ顔負けのやり取りも本当に尊くて青春していて、ストグラやロールプレイの良さを改めて再認識させられましたね。
私が本格的にあな雪にハマったのはこの日からです。

 

ゆきんこは「病気を治してまたロスサントスに戻ってくる」と伝えましたが、魂が活動終了するということは基本的には二度とロスサントスに戻れません。
ですがゆきんこの魂は引退をロールプレイで昇華させ「全力で病気を治していつか戻ってくるつもりであるゆきんこ」を見事に表現したのです。
これは安城さんがクビにならない配慮もあるでしょうし、いつか魂の転生含めて何かしら奇跡が起こり本当に戻って来るかもしれないという僅かな希望も残る素晴らしいロールプレイでした。

ゆきんこは妹の事も話しています。
そのため転生する日があったとしても、大人の事情でゆきんこではなく新規住民としての可能性が高いです。

その後もゆきんこの周りでは涙あり笑いありの展開が続きます。
起きてくると何かしらのドラマがあるのがストグラですが、ゆきんこのドラマはより濃くて毎回名クリップが残っています。

安城さんとゆきんこの今後の関係もあな雪推しとしては非常に気になる!
今までは私も大好きな映画「キック・アス」のキックアスとヒットガールを彷彿とさせるバディやサイドキックな印象だったのですが、12月15日以降はその先に進んだ気がします。
この二人なら、この先の展開でより尊いドラマを見せてくれるのではないかとどうしても期待してしまいます。
ただ、妄想の押し付けは厳禁。このまま関係は変わらずに終わる事や、悪化する事もあるでしょう。どんな結末であっても二人が幸せならOKです。

安城さんがゆきんこの為にずっと収集していた可愛いものコレクションもついにクリスマスプレゼントで渡すことができました。
このときのやり取りも本当に素晴らしいので是非切り抜きでもいいので見てほしいです。

周囲との絡みが輝くほど、徐々に終わりが近づいている事を実感して悲しくなる。
ゆきんこのこれからのオールインでの活躍や、白市民、他ギャン警察含めていろんな人との絡みをもっともっと見たかった。
欲を言えばオールインの太陽であるあかさんとの絡みも見たかった。

2月以降はゆきんこ視点のアーカイブも見ることができなくなります。
ゆきんこの物語を見ることができるのは残り1ヶ月限り。

ストグラの世界で起きてくるのはもう一桁台かもしれませんし、あとほんの数回かもしれない。
今日ゆきんこやあな雪を知ったあなたは運が良い。今ならまだ間に合います!
ゆきんこのストーリーのクライマックスをあと1ヶ月楽しむことができます。是非ゆきんこのチャンネルを登録しておきましょう。

勇気ちひろ

あな雪も好きだけれど、個人的には白井さんと不二子さんの今後の関係も気になります。
ベニさんとキャップもだけれど、似合っていないようでとっても似合ってるFF9で結ばれた私のいちおしカップルのスタイナーとベアトリクスのようで応援したくなります。
この先もしかしたらもしかするかもしれない。

それと最近、「VCR GTA2」が終わった影響で新規にストグラを見始めた人も多いのか視聴者数と心無きコメントが多くなってきました。
配信者がモチベーションが落ちてしまうような誹謗中傷や、RPの押しつけはどうかやめてほしいところです。
ストグラ唯一の欠点『観測者の民度があまりにも低すぎる』

多くは望みません!
ゆきんこや安城さん、オールインの面々が最後まで楽しく笑って過ごせますように!

ストグラ屈指の嫌われギャングなオールインですが、お気持ちレシートやファンネルコメ荒らしに負けずにこれからも今のスタイルを貫いて頑張ってほしいです。
他視点を見ている事も多いですが、これからも私の一番の推しギャンはずっとオールインです。
ボスは気まぐれですし生き急いでるのでいつ解散してもおかしくありませんが、3、4期生は頑張ってるし可愛いし今後も推してる!みんながんばれ!

ストグラが面白すぎて「VCR GTA2」はほとんど見ることができませんでした。
でもあかさんとぷっさんとラプ様による奇跡のギャング「KAKUMEI」だけは追ってました。私得で最高だったね。
蛇足さん、けんきさん、まんた先生は保護者として最適ですし、コスチュームがパンイチなのもイカれてて好きすぎる。

ストグラは現実の10倍くらい、VCRはストグラの30倍くらい流れが早く、RPも職による最低限のものだけなのでノリと勢いでどうにでもなるのがこっちはこっちで面白いんですよね。
次回の「VCR GTA3」があるなら今度は違うマップだったり特殊なルールを設けてやってほしいなぁ。

 

© 2014 Rockstar Games, Inc.

コメント