小島秀夫は神

© KOJIMA PRODUCTIONS Co., Ltd. 2022 All Rights Reserved メタルギア

つい先日、小島秀夫率いるコジマプロダクションの記念すべきデビュー作「デス・ストランディング」が発売となりました。
皆はプレイしましたか?私はもちろんプレイしたしクリアしたし、やりこみプレイ中です。

そしてこのゲームをプレイして改めて確信しました。
小島秀夫は神。

コ ジ マ   カ ミ ナ ン デ ス
『 K O J I M A   I S   G O D 』だと。

IGNの動画から抜粋(2:43~)

表現を成立させるために関わっている時間が桁違いだろうな
やっぱ関わり方の密度が違うだろうねきっと、凄いエネルギーだと思う
冗談じゃなくて寿命縮むからね
小島くんの見てると明らかに寿命と魂を削って創ってる

映画監督の押井守さんは秀夫の新作「デス・ストランディング」を見てこう語っています。
モノをつくるという行為にはとてつもないパワー、エネルギーが必要だという言葉は、0から何かをつくりあげたクリエイターであれば誰しも共感する話でしょうね。

「命削って作ってきたんでね」小島秀夫56歳が明かす『デススト』誕生までの“誤算と孤独” | 文春オンライン
命削って作ってきたんでね

監督自身もこういっています。
監督の作り込みは異常ともいえます。それはもうくどいくらいです。

世界をいちから作り込むその熱量に幾度となく圧巻させられてきました。
だからこそ作品の中の架空の世界に説得力が生まれ、キャラクターの行き方、考え方に熱くなれるのだと思います。

 

加えて秀夫作品の醍醐味ともいえるのがシュールなギャグやセクシー要素を含めた謎のこだわりです。
デス・ストランディングだけでなく、過去の作品においても凝り性の小島監督特有のこだわりがゲーム全体を通して丁寧に散りばめられていました。

ファンの一人である私はそのこだわりに触れるたびに喜びを感じ、生きる実感を得られました。
ユーザーを喜ばせたい、わくわくさせたいという無邪気で純粋なつくり手としての想いがプレイを通して確かに伝わってくるのです。

 

上記インタビュー動画では全編通して押井さんがヒデオをべた褒めしています。
ただ、残念なことにインタビュー時点ではプレイはしていないように見えます。実際プレイしてどう思うかはわかりません。

もしエアプだったのであれば是非ともプレイした感想も聞きたいものです。
小島作品全体にいえる事ですが、個人的に手放しに褒められないところもボロボロあります。

 

コナミ体制変更騒動

話は変わりますが、小島秀夫を語る上で避けて通れないのがKONAMI(コナミ)との確執でしょう。
私は秀夫のいちファンとして、いち狂信者として当時はコナミを呪ったものです。

何故秀夫を貶し、のけものにし、隔離し、汚名を被せて追い出したのか。
秀夫一人の手柄ではないことは理解できるし、実際のところどんなやり取りがあったかは分かりませんが、だからといってあんまりな仕打ちに思えたからです。

 

ですが、今はそんなコナミを未だにちょびっと恨みながらも、一方で感謝しています。
小島秀夫のメタルギアは傑作であり、監督自身のメタルギアの続編が見られなくなったのはとても残念。

しかしその反面、秀夫はメタルギアの続編を望むユーザーの声に囚われていたようにも見えます。
傑作であるが故に続編を望む声があまりに多すぎました。

実際に秀夫は過去のインタビューなどでメタルギアを終わらせたい素振りをみせていた。
今回でメタルギアは終わりだとたびたび言っていました。
しかし、ユーザーに期待されてしまっては創ってあげたいとなるのが秀夫なのです。

あのままコナミにいては、小島秀夫の完全新規タイトルをみることは難しかったかもしれません。
こうして新生「コジマプロダクション」が、「デス・ストランディング」が日の目を浴びたのはコナミから、メタルギアから開放されて自由になったからと勝手に思ってます。
ありがとうコナミ。ありがとう小島監督。

 

とはいったものの、メタルギアの続きも秀夫が関わっていないとはいえそれはそれで気になるのがファンというものです。
いつまでも過去の名作が忘れられない狂信者老害ゲーマーの悲しい性でもあります。

サヴァイブもMPOも面白かったですし、今後コナミがまたメタルギアシリーズに力を入れるとなった時には全力で応援します。
その時をずっと待っていますよ。

 

メタルギアから開放された小島監督にはこれからも新しい遊びを提供してもらいたいです。
デスストは素晴らしいゲームではありましたが、続編よりは完全新作を希望します!
もちろん続編でも勿論嬉しいですが、他にもみたい!!!みたいみたいみたい!!!

ひとつのゲームに留まらせておくにはあまりにも勿体ない才能。世界の秀夫。
その才能は全世界の人々をたくさんの作品で喜ばせるために発揮するべきなのです。

これからも秀夫の活躍から目を離せません。
死ぬまで一生ずっとついていきますよ監督!

 

© Konami Digital Entertainment
© KOJIMA PRODUCTIONS Co., Ltd. 2022 All Rights Reserved

コメント