【ストグラ】配信者によるロールプレイは可能性の塊

©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project ©Bandai Namco Entertainment Inc. ストリーマー

最近ストグラにハマってます!
声優の中村悠一さんも継続してプレイしてくれていますし、昨夜の「ALLIN vs anbrella」の抗争は他ギャングだけでなく警察の人たちまでも大勢見学に来ていてロスサントス総出で大盛りあがりでした。
ほんとにゲームの中のキャラクターになりきってプレイする「ロールプレイ(RP)」がきちんと機能していて、見ている側も感情が動かされて夢中になります。
様々な視点で毎日のようにドラマが発生するため、見ている側でも配信者とはまた違った角度から楽しめる珍しいジャンルかもしれません。

 

ストグラとは「ストリートグラフィティ ロールプレイ」の略。GTAオンラインの配信者限定サーバーの呼称です。
もうひとつ「ストリーマーグラセフ」という配信者限定サーバーのGTAOがあるのですが、今回はストグラに関して書いています。

VCRから配信者による期間限定の巨大コラボ企画の楽しさを知ったのですが、前回の「VCR GTA」でロールプレイの要素が少し加わるだけで、個人的により面白さが倍増していました。
その後VCRのメンバーがストグラをプレイしていたので軽い気持ちで覗いてみたところ、今ではストグラwikiやディスコード、配信も切り抜きも見漁って、youtubeやTwitchでフォローする配信者が一気に増えてしまいました。

 

元々私は学生のころ古のMMOでなりきりやロールプレイをしたり、見たりするのが好きだったのでその影響もあるかもしれません。
将来はもっとネトゲは進化してSAOみたいな生活要素てんこ盛りのVRMMOも出来るようになるぞ!と思っていたのですが、そんなことはありませんでした。
VR技術的な部分以外に関しても、今はもうタイパの時代であり、時間のかかる要素を極力省いたシステマチックに遊ぶWoW系MMOが主流だからというのもあります。

ですが、このRPが盛んに行われるストグラの世界には古のMMOに夢見た可能性を感じました。
まず、コメント欄を除き、業者やチーターは勿論、荒らしや冷やかしが一切いません。みんな参加条件を満たしたロールプレイ前提の配信者の方々だからです。そこが何よりまず素晴らしい。

GTAOを基盤にした面倒にも思える体調管理や車のシートベルト、怪我の松葉杖やプリズンのようなペナルティの他、様々なMODによりただでさえリアルなGTAの世界が現実味を帯びており、そこにロールプレイとボイスチャットが加わって没入感が増幅しています。
気がつけば見ている側はゲーム中のキャラクターが本当に生きているように錯覚するんです。
配信者のワイプやVtuberのアバターがノイズに思えて脳がバグる程にはこの世界のロールプレイは成功しています。

ロールプレイといわれるとキャラクターなりきりのように、何かしらをきちんと演じなければならないと思うかもしれませんが、そこまで深くなりきりに徹さずとも、バグを歪み、ログアウトを就寝、ディスコードの仕様書を六法など細かく言い換えるだけでロールプレイとして成り立っています。
軽めのロールプレイでも許される世界であることもストグラの素晴らしいところです。
Vtuberというか配信者の方々はもうその時点でなりきりやっているようなものですしね。

このままストグラのように配信者が独自サーバーのネトゲでロールプレイを行う風習が発展すれば、SAO風生活要素+デスゲームライクなMMOのスト鯖版が見れる日が来るかもしれません。
例えばキャラクターの死を重くして、死亡するとキャラロスト+数時間新規キャラ作成不可のようにすれば死を表現出来ますし、サーバーから人がいなくなることも避けられます。
なろう系によくあるワールド級レアアイテムにあるような、死亡を1度だけ無効にするものや、死亡後に新規キャラにステータスを引き継ぐようなものも再現できるかもしれません。

世界観はファンタジーだけでなく、サイバーパンク2077のような世界でもエッジランナーズのようなドラマが展開されるかもしれません。
SAOのアインクラッドのような分かりやすいステージ型ダンジョンクリアを目指す冒険者以外に、鍛冶屋や村人のようなロールプレイもアリでしょう。
ロールプレイが浸透しているサーバーですから、自然と仲間の危機をよりドラマチックにリアルタイムで表現できると思います。

 

何れにせよ、このままストグラが浸透していけばそんな未来もくるかもしれません。
コンセプトの似た既存ネトゲやMODがあるか分かりませんし、デスゲームの再現は飛躍しすぎではあるので、今後独自サーバーでのロールプレイ前提のネトゲが増えてくれればそれだけで嬉しいです。
私が生きているうちに、そんなゲームと配信が見たい!

ストグラまだ見たことないという方は是非見られてみてください。
VCRとはまた違った世界が待っていますよ!

今日から「VCR ARK」なのでVCR勢はストグラ頻度が下がってしまうと思うのですが、アークも勿論楽しみだけれどストグラの今後も気になるのでまた戻ってきてほしいですね。
こんな毎日の楽しみを提供してくれて運営様や配信者の方々には頭が上がりません。今後も健康に気をつけて配信活動を毎日休まず24時間続けてほしいところです。
とりあえず、アークのレイド絶対おもろい

 

© 2014 Rockstar Games, Inc.
© 2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
© Bandai Namco Entertainment Inc.

コメント