『ミステリー・ヒーロー』とかいうオーバーウォッチに残された最後の楽園

© Blizzard Entertainmen. All Rights Reserved. オーバーウォッチ

今日も元気にオーバーウォッチ!
オーバーウォッチをプレイしている人は基本となる二つのルール「クイック・プレイ」と「ライバル・プレイ」しか遊んだことのない人もいるのではないでしょうか。
格付け時代の今ではランクマッチに該当する「ライバル・プレイ」しか遊ばない人も多そうですね。

それは勿体ない!非常に勿体ないです!!!新規の人にも是非知ってもらいたい!
オーバーウォッチには「ミステリー・ヒーロー」というオーバーウォッチ最後の楽園がある事を!

それまで気軽に遊べていたクイックですが、残念ながらクイックは死んでしまいました。
少し前のパッチでこれらのルールに「ロール固定」という悪魔のシステムが配備されたためです。
「タンク2人:ダメージ2人:サポート2人」という遊びの幅を狭めるガチガチな調整がガチプレイヤー様の為に行われたのです。

一見ロール固定によりバランスの取れたチームプレイが可能になったように見えますが、ロールの壁を越えてヒーローをピックすることが出来ないというのは負荷。後々になるほどジャブのように効いてきます。
選択したロールを他プレイヤーに代わってもらうことが出来なくなったので、ロールに沿った役割をきっちりこなす必要があるのです。責任重大です。ド下手チキン野郎の私にはこの重圧は耐えられません。
そんなわけで、ライバル・プレイだけでなく、クイック・プレイまでも気軽に遊べるルールではなくなりました。

© Blizzard Entertainmen. All Rights Reserved.

でも安心してください!
オーバーウォッチには「ミステリー・ヒーロー」という超気軽に遊べるモードが残されているのです!
「ミステリー・ヒーロー」とは、ヒーローがランダムで選ばれるモードです。ヒーローは死んでリスポーンするたびにその都度ランダムに変更されます。
自分で任意のヒーローを選択する事はできません。自殺では変更されないので苦手なキャラだからと自殺することは許されませんよ!
(実は昔は自殺でも変更されていました…)

これがいいんです。
ヒーローがランダムということはロールもランダムなわけで、最初期の頃のように同キャラもアリです。
メンバーにタンクやサポート無し!全員サポート!メンバーほとんどがタレ爺!なんてことも普通に発生します。
裏取りハルトやずっと攻撃しかしないマーシーさんなんて光景もミステリーでは日常茶飯事。
極端な偏りもしょっちゅう発生するので、そんな時はあっという間に勝敗が決してしまいます。

 

とっておきの技である「アルティメット」は死んでしまうと当然リセットなので、基本的に死なないように慎重に立ち回る必要もあります。得意なヒーローなら尚更即死は免れたいでしょう。
慎重になりすぎるとかえって死にやすくなりますけどね!

苦手なヒーローやあまり使っていないヒーローであっても、意外な面白さに気づくことも多々あるので侮れません。
私はミステリーを通して各ヒーローの動き方を練習しました。最初は難しいですけど、慣れると楽しいんですよ。

これらの新しい発見もミステリーの醍醐味なんですよね!普通に面白い!
ミステリーは他プレイヤーも慣れていないヒーローを操作することになるので、普段より多めにキル出来るのも楽しさの秘訣です。

ミステリーはとにかく気軽に遊べます。
「お前のピックが悪い!」「お前のヒールが薄い!」「DPSなさすぎ!」そんな風に怒られることもありません。
ヒーローがランダムに選ばれる事でロールからの開放+キャラピックからの開放=責任からの開放となるわけです!
無責任なだけだと、真剣にゲームを遊んでいる場から逃げている、そう思うかもしれません。

 

 

 

そのとおりです!!!!私は責任を追うのが嫌なのです!!!!!
常日頃「俺は悪くねぇ!!!」「俺は悪くねぇ!!!」そんな風に責任逃れをして生きていきたいのです!!!
相手にキルされても、試合に負けても「ヒーローが悪かった!」「仲間が悪かった!」ミステリーならそんな言い逃れも通ります!!!
成長を忘れて、脳みそ空っぽにして遊べるミステリー最高!!!

 

そんなわけで、新規の方にはクイック等ではなく、まずはミステリーを遊んでもらいたい!!!
色んなヒーローを触ってお気に入りも出来るでしょうし、新しい発見の連続で楽しいですよ!
疲れた人にもおすすめです!

 

© Blizzard Entertainmen. All Rights Reserved.

コメント